商標登録しないリスク

商標登録は、ビジネスに大きなメリットをもたらすものですが、もし登録しなかった場合のデメリットも大きいものです。

 

商標登録しないリスク

自分がその商標を使えなくなる

商標登録をするとなれば登録に際して手数料が発生してしまったり、登録が無事に完了した後でも管理と運用のために手間が生じてしまうといった様子があるのは事実ですが、そうした様子を考慮しても商標登録しない事によるデメリットは大きいものです。

発生するデメリットは複数ありますが、その中でも自分が考案したオリジナリティが高い文言やフレーズなどが、一般的な名称に成り下がってしまうという懸念材料があります。

 

正式に商標登録をしないという事はまるでフリー素材のような様子になっていると言っても過言ではないので、最も動向を注視しなければならない同業他社に自分が考えたアイディアを使われてしまい、自分よりも影響力や利益を得てしまう可能性が高いです。

また、自分が考案した名称が一般化するのならまだ良い方であり、同業他社に使われた上に先に商標登録が行われ完了されてしまうと、自分が作ったのにも関わらず用いる事ができなくなってしまいます。

こうした事例は決して珍しい事ではなく、既に世の中に存在していて人々が一般的に使用しているあらゆる物にも当てはめて考える事ができ、書類を纏める際など文具の中でも比較的使用頻度が高いホチキスも例外ではありません。

そして、商標登録はしていないものの既に世間一般に広く自分もしくは自社が作った名称であるという事が知れ渡っていたとしても、後から他者が商標登録を行ってしまうと従うしかないので、大量に制作していたパッケージを回収したり新たなデザインを考案しなければなりません。

当然、名称やパッケージが変われば中身が同じものでも手に取って頂けなくなるので被る損害は大変大きなものとなり、経営を根底から揺るがす自体になってしまいます。

 

 

損害賠償や使用料を請求される

既に高い認知度があっても先に登録されてしまうと、老舗であっても逆らう事はできず決まりに則って粛々と対応するしかないのですが、当然不満を感じるので心情的になり継続して名称を使い続けてしまいたくなる気持ちは当然です。

しかし、商標登録されてしまった以上は決まりを守る事無く、相変わらず使い続けていると後から商標登録を行った全くの無関係の企業などから、老舗側が損害賠償を求められてしまう事になります。

自身が考えたアイディアを横取りされてしまった上に、損害賠償によって金銭まで得られてしまうのは泣きっ面に蜂といった様子なので、一度登録されてしまったら潔く諦めて他のアイディアを練るしかありません。

それでも相変わらず馴染みのある名称を使い続けたいと考えている場合、一切方法が無いというわけではなく唯一残されているのが、相手に対し使用料を支払って使い続けさせてもらうという事です。

自分が考え出したものである上に横取りされて使用料まで支払うというのは納得できないものですが、最も穏便かつ唯一残された方法であり実際に使用料を支払いながら製品の開発や販売を続けている企業も多数あります。

しかし、使用料を支払わなかったり相変わらず使い続けていると事件に発展してしまい、れっきとした刑事事件に該当する事から身柄を拘束されてしまいます。

たとえ元来は自分が作り出したものでも侵害したとみなされると懲役が10年以下科せられますし、罰金刑の場合は一千万円も科せられてしまいます。

しかもこうした懲役や罰金刑の額は個人に対して適用されるものなので、尚一層規模が大きな法人が侵害したとなれば経営者が身柄を拘束されますし、金額も3億円にまで膨れ上がります。

 

 
 
    どうも 
 弁理士 吉田雄一

無料相談

30分初回無料相談は、下記の予約システムから簡単に予約完了できますので、ご希望の場合にはお気軽にご予約ください。
RESERVA予約システムから予約する

場所は、原則、東京都の中目黒駅徒歩8分の弊所オフィスになります。
電話・Skypeでのご相談をご希望の場合には、その旨を合わせてご記入ください。
 

お問い合わせ

本サイトを運営している東京化学特許事務所では、初回面談無料で対応させていただきます。
その他、ご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。
 

お気軽にお問い合わせください。(担当:吉田)03-6823-4299営業時間:平日9:00〜18:00

無料お問い合わせフォームはこちらお気軽にお問い合わせください。
 

    この記事が役にたったらシェアお願いします!

コメントを残す