商標権と著作権の関係

商標権と著作権との違いは、よく質問される項目の1つです。

 

商標権と著作権の関係

商標権と著作権の違い

商標権と著作権の違いですが、著作権は自分の作った物を幅広く保護している物になります。

主に知的財産物を保護する権利になり、特別な手続きをする必要もありません。

 

次に商標権は著作権とは違い、特許庁の許可を受ける必要があります。この許可を受けるためには商標登録をする必要があり、必ず通るという訳でもありません。

同じ様な商標登録が先にされている場合には審査を通ることが出来ずに落ちてしまう場合もあります。

審査に落ちてしまうと商標登録をする事ができないため、商標権を持つことが出来ません。

 

この様に商標権と著作権の違いがあり、著作権は自分が作ったものを公に公表した時点で発生するのに対して、商標権は特許庁の審査をクリアして初めて獲得することが出来る物になります。

そのため、著作権は簡単に誰でも主張する事ができますが、商標権に関しては簡単に主張する事ができません。

商標登録をしなければいけない為、商標権を主張する為にはハードルが高くなります。

もちろんそれだけではなく、審査を受けるためには費用も発生します。

他にも異なる点が期間の違いです。著作権の場合は本人が亡くなってから50年経つと権利を失うことになりますが、商標権の場合は10年になります。

 

但し、10年経つと権利が無くなるという訳ではなく、更新を行うことが可能です。

この更新に関しては再度審査がある訳ではありませんので、10年経つごとに更新手続を行うと商標権はずっと持ち続けることが出来ます。この様に権利が消滅する部分や半永久的に権利を持ち続けることが出来る部分も大きく異なる点と言えます。

そのため、商標権を持っている方は10年ごとに更新手続を行う必要があるので注意が必要です。

 

 

著作権があっても商標登録する意義

著作権があって商標登録をする意義としてはまずは著作権と違って、更新を続ける限り、権利が消滅しない所になります。

更新手続は再審査がある訳でもありませんので、落とされることもなく安心です。

 

次に商標登録する意義としては、類似した物を排除できる所になります。

先に商標登録をしてしまうと後から似たような類似した物を商標登録しようとしても審査で落とされてしまうので、著作権を侵害される心配もなくなります。

更に権利を侵害されて、裁判に移行することになった場合にも大きな効力を持つことになり、裁判でも優位な立場に立つことが可能です。

 

法人で商標登録をしている場合は同業に対しても牽制をする事が出来るので、類似した商品を作られる心配も少なくなります。

商標登録をせずに著作権だけでは、類似した商品を作られたとしても異議を唱えることが難しくなり、法的措置をとる場合にも長引く可能性があるので注意が必要です。

 

この様に商標登録を行うと様々なメリットがありますし、自分の作った著作物を守ることにも繋がります。

著作権だけでは主張をするのが難しい部分に関しても主張をする事が出来るようになるのでおすすめです。

 

先に商標登録をしておかないと他社が似たような物を商標登録してしまう可能性があり、それが審査を通ってしまうと自分の著作物に不利益を被る場合もあります。

その様な事態にならない為にも誰よりもはやく商標登録をしておくことが大切です。

 

 

 
 
    どうも 
 弁理士 吉田雄一  

お問い合わせ

本サイトを運営している東京化学特許事務所では、初回面談無料で対応させていただきます。
 

お気軽にお問い合わせください。(担当:吉田)03-6823-4299営業時間:平日10:00〜18:00

無料お問い合わせフォームはこちらお気軽にお問い合わせください。
 

    この記事が役にたったらシェアお願いします!

コメントを残す