Amazonブランド登録と商標登録

Amazonから出店する場合に気を付けておくととても良い話です!

 

Amazonブランド登録と商標登録

Amazonブランド登録には商標登録が必須

自営業などをはじめとする自分自身が舵を切って何らかの商いを行っている方の場合、今日においてインターネット上のECサイトをないがしろにしている方は多くありません。

特に世界規模のAmazonにおいては、出店する事で従来とは比較にならない程集客が向上させられますし、比例して売上も向上する上に運営に際して難しい知識を必要としないという嬉しい利点があります。

 

ただし、ECサイトに店舗を展開して事業を行う方が気になる上に気を付けなければならないのは、手がけている品のブランドについてです。

長い年月をかけて人気が高められた上に大勢の方々に愛してもらえる状態に育てられたのにも関わらず、都合良く相乗りされてしまったり自分が関与していない販路にて販売されてしまう事が懸念材料として付き纏います。

 

そうした不安材料を払拭してくれる頼もしい制度として、Amazonブランド登録というものがあります。

予め登録を行っておけば過去に起こった侵害された際の事例や独自に開発された検索機能により、侵害されてしまいそうな事例を早期発見させられるというシステムです。

なお、Amazonブランド登録においては、商標登録が前提になっています。

 

他にも登録が行われたブランド名と紐付かせて出品の状況を確認したり、商品の詳細情報が記載されているページの文言を優先的に変えられるという恩恵にも授かれます。

つまり、都合良く利益のみを得ようとしている相乗りを目的にした者よりも先に情報更新が行える上に、書き換えられてしまうというトラブルを防ぐ事にも繋げられます。

 

 

商標登録の際の注意点

Amazonブランド登録は頼もしい制度である事には変わりないのですが、オンライン上にて取り決めを行うという特性上、当事者であるという事を確認するのが容易ではないので比較的時間がかかるのと同時に、認可が受けられる情報についても十分に気を配っておかなければなりません。

一般的な商標登録出願する場合は文字情報の他に図形や立体形状、音や色といったように大変多くの種類が対象になるのですが、Amazonブランド登録にて今日において認められているのは文字情報のみや文字情報と図形の2つのみです。

しかも登録される情報に関しては商品自体もしくは、商品が収納されているパッケージにプリントされているブランド名と同一でなければならないと決められています。

 

こうした様子からわかる通り、ブランドという形でしっかりと表示が行われている企業名や商品名、シリーズ名といった物もしくはそれらの文字に加えてロゴが組み合わせられている図形を登録しなくてはならないという事になります。

つまり、Amazonという企業の文字情報の場合は一つ目の文字情報のみというものに該当しますが、世界的に認知されているアルファベットのAからZまで矢印が描かれていて顔のようにも見える様子は、文字とロゴの組み合わせという二つ目に値します。

 

また、Amazonは申請された事柄に対してチェック体制を徹底させているので、文字とブランドロゴの一致については特に厳しい目が向けられています。

そのため、一致していない場合は当然の事ながら認可されないですし、関係性はあるもののあまりにも統一性が感じられない時にも認可されません。

他にも今後ロゴが変更される予定があるのなら取り消しされる可能性が高いので、無難に文字情報のみで登録しておくことがポイントになります。

 

 

 
 
    どうも 
 弁理士 吉田雄一  

お問い合わせ

本サイトを運営している東京化学特許事務所では、初回面談無料で対応させていただきます。
 

お気軽にお問い合わせください。(担当:吉田)03-6823-4299営業時間:平日10:00〜18:00

無料お問い合わせフォームはこちらお気軽にお問い合わせください。
 

    この記事が役にたったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です