商標登録証の意義

商標登録証は、日本国内にて商標が登録されたことを目視で証明できるものの一つです。

 

商標登録証の意義

商標登録証とは何?

商標登録証とは特許庁に対して商標登録を出願した場合に、審査に通過して商法が登録された後に発行される証明証のことです。

商標登録の出願を行って特許庁に受理されると、登録の可否を判断するための審査が行われます。

すでに同じような商標が出願されていないかどうか、すでに登録された商標の権利を侵害することがないかどうかなどが慎重に調査されるため、審査には通常数カ月程度の期間が必要になります。審査に通過して特許庁に登録料を納付すると、その後1カ月程度で商標登録証が郵送されます。

 

商標登録が認められると商標権が発生し、具体的には商標登録証に記載された登録日から権利が発生することになります。

 

商標権が認められる権利期間は登録から10年間であり、さらに権利更新の申請により10年間の延長が可能です。

更新を申請する場合には10年分の登録料を一括で支払うか、5年分ずつ2回に分割して支払うことになります。

ただし前半の5年分を支払って後半の5年分を支払わない場合には、更新から5年が経過した時点で権利が消滅します。

 

商標登録証は商標権を有することの証明となりますが、実際の権利の管理は法務省に保管された商法登録の原簿に基づいて行われることになります。

 

 

商標登録証を紛失したら?

発行された商標登録証を紛失してしまった場合には、特許庁に再発行を申し込むことができます。

商標登録証を破損したり汚損した場合にも、同様に再発行を申し込むことが可能です。

再発行されるのは登録の際に発行された登録証と全く同じものであり、内容などの変更などは一切ありません。

 

再発行を希望する場合には「商標登録証再発行交付請求書」に必要事項を記入して、特許庁に提出してください。

破損や汚損が再発行を希望する理由の場合には、破損や汚損をした登録証を返納することが必要になります。

ちなみに登録証を紛失しても、商標登録の権利そのものが消滅することはありません。

 

実際の権利は特許庁が保管する、商標登録の原簿に基づいて行われることになります。

また登録証の譲渡が行われたとしても、実際の商標登録権は依然として当初の出願者が有することになります。

商標権の移転を希望する場合には、特許庁に対して権利移転のための手続きを行うことが必要です。

 

商標権の権利者が変更された場合には特許庁が保管する商標登録の内容の変更が行われますが、登録証に記載された内容の変更が行われることはありません。

これは権利者の住所や氏名が変更になった場合にも同様であり、登録証にはあくまでも商標権が認められた時点における情報が記載されることになります。

 

 
 
    どうも 
 弁理士 吉田雄一  

お問い合わせ

本サイトを運営している東京化学特許事務所では、初回面談無料で対応させていただきます。
 

お気軽にお問い合わせください。(担当:吉田)03-6823-4299営業時間:平日10:00〜18:00

無料お問い合わせフォームはこちらお気軽にお問い合わせください。
 

    この記事が役にたったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です