新規性喪失の例外の適応の期間が6ヶ月から1年に変更になりました。

特許、実用新案、意匠ともに、新規性喪失の例外の適応の期間が6ヶ月から1年に変更になりました。

https://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/hatumei_reigai_encho.htm

https://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/ishou_reigai_encho.htm

 

平成30年5月23日に成立し、平成30年5月30日に公布、さらに平成30年6月9日に施行というスピードには、さすがに度肝を抜かれました。

1年に期間が伸びて使いやすい制度になったので、今後、中小企業の特許出願では、新規性喪失の例外を使う頻度が増えるかもしれません。

また、優先期間と同じ1年になったので、新しく覚える方には覚えやすくなったのではないでしょうか。

 

 

 
 
    どうも 
 弁理士 吉田雄一  

お問い合わせ

本サイトを運営している東京化学特許事務所では、初回面談無料で対応させていただきます。
 

お気軽にお問い合わせください。(担当:吉田)03-6823-4299営業時間:平日10:00〜18:00

無料お問い合わせフォームはこちらお気軽にお問い合わせください。
 

    この記事が役にたったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です