アメリカ特許出願で必要になる譲渡証

米国の場合、従来は出願人は発明者に限られていましたが、法改正により特許を受ける権利(または特許権)を第三者に譲渡することができるようになりましたので、発明を譲渡された者(Assignee)も特許出願を行うことができます。

つまり、特許を受ける権利の譲渡により、法人名義で特許出願することが可能になりました。

 

アメリカ特許出願で必要になる譲渡証

譲渡証が必要な場合

アメリカで特許出願を行う際は、必要に応じて譲渡証の準備や提出を伴います。

譲渡証が必要になるのは、発明者の特許出願人が異なる場合です。

つまり、譲渡証が必要になるのは、主に、従業員(発明者)がした発明を、企業(出願人)が特許出願する場合です。

発明者が所属企業に対し、特許を受ける権利を譲る形になることから、発明者のサイン入りの譲渡証の作成が不可欠です。

つまり企業は発明者からサインをもらい、項目を埋めて完成させることとなります。

提出期限は特にありませんが、係属中に手続きの継承が行われた際は、委任状の提出時に譲渡履歴を提出することが必要です。

具体的には発明者から原出願者に至るまで、全ての履歴が提出されることが条件です。

 

一方の宣誓書はこの書類と異なり、必ず提出することが義務付けられているものです。

こちらの提出期限は登録料の納付までで、譲渡証と同じく発明者がサインを行います。

弁理士を代理人を立てる際に必要となる、委任状とは異なる書類なので、間違わないように準備して用意することが肝心です。

 

書類の作成や準備は方法によっても、必要性が変わったり方法に合わせて準備することになります。

分割出願時に再署名は不要ですが、譲渡に関する明記がないと援用できなくなる恐れが強まります。

 

分割で手続きを行う時は、予め事前に提出した内容の写しを確認することが重要です。

継続出願の際も基本的には分割時と同じですが、一部継続を行う時は新たな提出が求められます。

このように譲渡証と一口にいっても、出願方法で必要性が変化したりポイントが変わるので要注意です。

 

 

譲渡証の書式

譲渡証には、決まった形式はありません。

ただ、通常は、アメリカの代理人が、ひな形を作成しているので、それを使わせてもらうことが一般的です。

 

また、譲渡証は、宣誓書と一緒になって1つの書類になっていることも多いです。。

書式は発明者の名前を始めとして、次に譲受人の氏名や住所の記入欄に続きます。

発明者は第8発明者まで全て連名で署名を行う形です。

 

Inventorが該当の項目で、8つの記入欄があれば最終的にここに発明者の名前が並びます。

この項目は公証人にあたるので、自由意志に基づく譲渡に納得した上で記入することが大切です。

譲受人はAssigneeに氏名や住所を入れて、項目を埋めることが書類作成における義務です。

 

州名や国名の記入も済ませたら次の欄に移行します。

また証人のサインも必要不可欠なので、名前と署名や日付をあわせて記入します。

特許の名称や出願番号のようなものがあれば、こちらも確認して記入することになります。

書類によっては弁護士整理番号欄が設けられ、記入が求められることになっています。

 

代案確認事項の説明が書かれているなら、内容に目を通して理解を済ませ、それからサインすることです。

発明者の一覧と署名欄はそれぞれ別々に分かれているので、発明者は少なくとも二度のサインが必要です。

 

InventorのSignature欄があれば、発明者の記名とは違う譲渡証に関する署名となります。

単なるサイン以上に重要な部分なので、内容を理解してから項目を埋めることがポイントです。

譲渡証の内容的には、発明者の記名と署名欄が設けられていて、更に証人の記名欄が添えられています。

 

いずれも日付の記入を行うことになるので、間違わないよう記入前にチェックを済ませましょう。

譲渡はあくまでも発明者側が自発的に行って企業に譲るものです。

書式の決定はこういった形式に基づき、譲渡を認めた発明者が記入する形となっています。

 

 
 
    どうも 
 弁理士 吉田雄一

無料相談

30分初回無料相談は、下記の予約システムから簡単に予約完了できますので、ご希望の場合にはお気軽にご予約ください。
RESERVA予約システムから予約する

場所は、原則、東京都の中目黒駅徒歩8分の弊所オフィスになります。
電話・Skypeでのご相談をご希望の場合には、その旨を合わせてご記入ください。
 

お問い合わせ

本サイトを運営している東京化学特許事務所では、初回面談無料で対応させていただきます。
その他、ご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。
 

お気軽にお問い合わせください。(担当:吉田)03-6823-4299営業時間:平日9:00〜18:00

無料お問い合わせフォームはこちらお気軽にお問い合わせください。
 

    この記事が役にたったらシェアお願いします!

コメントを残す