特許出願の公開とは!

特許庁に特許出願をすると、特許庁がその出願を公報として公開してくれます。

 

特許出願の公開とは!

特許出願の公開の時期

特許の出願にはまず定められた様式に従っているかどうか、形式的な事項が審査されます。

その後、実体的な要件の審査に入り、要件を満たしたことが認められた場合に特許登録がなされます。

 

特許制度は発明をした者に対して特許権という独占権を与えて保護すると同時に、世の中に技術情報を公開して拡散することで、さらなる技術の発展を促進することを目的としているものです。

そのため、審査の過程で、特許出願は、特許公報に掲載することで、世の中に公開することになっています。

ここで問題となるのが特許出願の公開の時期です。

 

もしも公開の時期が早すぎた場合には、審査中にも関わらず可能性を秘めたアイデアが世の中に知られることになるので、世の中にとっては技術発展が促されることには変わりありませんが、出願者の保護が十分に行われません。

しかし、公開が遅すぎれば、別々の人から同じような発明が次々に出願される事態が発生する可能性があるので、社会的な損失が大きくなってしまいます。

 

そこで、日本の特許庁では出願から1年6ヶ月後に公開されるように定められています。

ただし、この1年6ヶ月という期間は優先期間の1年に公開の準備期間を加えたものとなっていますので、優先権の主張を伴う特許出願をしている場合には、先の出願日から起算されることにご注意ください。

 

この出願から1年6ヶ月後までは出願者が口外しないかぎりは、発明の情報は秘匿された状態となります。

世の中の人が新たなアイデアを知るにはタイムラグがありますが、これは出願者にとって大きなメリットをもたらす重要な期間です。

審査期間中であっても特許出願中との表示をすることができます。

これは競合製品や競合他社にとっては、技術内容が分からず似通ったものを作ると特許権の侵害に繋がる可能性があるため、うかつに手を出せなくなるのです。つまり、特許の出願だけでも発明をある程度保護することができ、バランスをとることができます。

 

 

特許出願の公開の効果

特許出願公開には出願者にとって、主に2つの大きなメリットをもたらします。

 

1つは、新しい技術や発明が公開されることで、その後に同じ内容の技術を出願しても特許化できなくなることです。

 

特許は容易に思いつくアイデアや、新規性や独自性、発展に関わる要素が欠如していれば認められません。

出願者のアイデアを保護する効果があります。

ただし、先願主義ですので同じアイデアの場合には早い方が優先されます。

 

画期的な発明を同時に別の人が思いつく可能性もあるわけです。保護の効力を変えることはできませんので、可能な限り早く申請することが得策です。

 

2つ目は、補償金請求権が付与されることです。

 

特許権は、特許が登録された日からしか効力が発生しませんが、補償金請求権は、それより前の公開の日から効力が発生します。

競合他社などによって模倣品が作られ、商品化されている場合などには補償金を請求できる可能性があるのです。

特許が認められると警告を条件として、期日を遡っての請求ができますので、競合他社としては「特許出願中」の表示には細心の注意を図る必要があると言えるでしょう。

結果的に模倣品の製造を抑制する効果も期待できるのです。

さらに取り扱っている商品が特許出願をしているのであれば、その旨を記載することが可能です。

前述したように競合他社への牽制になるだけでなく、消費者への機能面でのアピールにも繋がります。

先鋭的な技術は見た目に表れにくいものですし、詳細な説明を記載するには情報の保護や理解しにくいと言った問題があります。

そこで、簡易的にメリットとなることの説明に加えて「特許出願」と記載することで訴求力の向上の効果があるのです。

公開しただけでは特許と認められているわけではありませんが、可能性を示唆して興味を持ってもらうという効果はあります。

 
 
    どうも 
 弁理士 吉田雄一

無料相談

30分初回無料相談は、下記の予約システムから簡単に予約完了できますので、ご希望の場合にはお気軽にご予約ください。
RESERVA予約システムから予約する

場所は、原則、東京都の中目黒駅徒歩8分の弊所オフィスになります。
電話・Skypeでのご相談をご希望の場合には、その旨を合わせてご記入ください。
 

お問い合わせ

本サイトを運営している東京化学特許事務所では、初回面談無料で対応させていただきます。
その他、ご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。
 

お気軽にお問い合わせください。(担当:吉田)03-6823-4299営業時間:平日9:00〜18:00

無料お問い合わせフォームはこちらお気軽にお問い合わせください。
 

    この記事が役にたったらシェアお願いします!

コメントを残す