知財ビジネス評価書と融資

特許権等の知的財産権を取得したものの、あまり活用できていない、活用する場がわからない、事業への貢献がわかりにくいと考えている方もしるかもしれません。

近年、知財の価値を担保にして金融機関に融資を受けたり、融資枠を拡大する制度が普及してきていますが、

それを支える一つのツールとして、知財ビジネス評価書があります。

 

 

知財ビジネス評価書と融資

知財ビジネス評価書とは?

世の中にはたくさんのアイデアを持った人たちがいますが、その中でもアクティブな人は自分で新しいアイデアを考えていき新製品を開発していきます。

特許を取得する人も少なくありませんので、やがてそれが世の中に出るとすれば、多くの人を助けることができるだけでなく、特許を取得した人もたくさんのお金が入ってくるでしょう。

 

ですが、このような知的ビジネス自体は実際にどのように活用したらよいのかなかなか難しい場合があります。

明確な商品であれば販売するだけですが、サービスの一部を知的財産として所有していたとしても活用の仕方が分からず結局宝の持ち腐れになってしまうことも少なくありません。

 

そこで重要なツールとして、知的ビジネス評価書があります。

この知的ビジネス評価書とは、融資をしてくれる金融機関の担当者などに対してみせることで、融資を容易にすることが可能です。

評価書そのものが売っているわけではなく、金融機関を通して特許庁に申請して作ってもらいます。

 

厳密にいえば、特許庁の受託をしている中小企業地域金融促進事業事務局に申請することで作成をしてくれることになります。

どのような内容になっているかといえば、調査会社によって若干異なりますが、

発明した内容や課題などを踏まえたうえで市場の状況がどのようになっているか、あるいはそのものの価値が説明されています。

 

調査会社によっては、実際にどの程度の価値があるかの金額まで明示していることがあるでしょう。

場合によっては、事業そのものの価値ではなく知的財産にかかわるロイヤリティーを算出していることも少なくありません。

これにより、知的財産がいったいいくらぐらいの価値を有するか第3者的視点から把握することが可能です。

 

対象となる企業は、中小企業で有り、特許、実用新案、意匠、商標のいずれかの権利を保有しているという条件であります。

ただし、評価書作成は中小企業からは直接申請はできず、申請は金融機関からに限られています。

 

 

知財ビジネス評価書の活用方法

知財ビジネス評価書が、第3者的立場から書かれたもので実際にどのような価値があるか記載されているものだとしても、

一体どのように利用したらよいのかわからない人もいるはずです。

 

この利用方法はいくつかありますが、一番有効活用できる方法の一つがお金を借りる時です。

いわゆる、融資をするときにこの知的ビジネス評価書を所有していることで融資しやすくなります。

通常、銀行からお金を融資する場合には、なんらかの事業を始める時ですが銀行の方も漠然とした理由でお金を貸してくれるわけではありません。

これから事業を始めるに当たりお金を借りる場合は、例えば住宅ローンでお金を借りる場合と異なり、担保や年収などはそれほど関係ありません。

特に今の年収がいくらであろうとそれを基準にお金を貸してくれるのとは異なります。

 

どのような内容で審査をするかといえば、その事業の将来性で審査します。

これから始める事業から将来性を見いだすことができなければそもそも融資してくれる可能性はほとんどありません。

ですが、これから始める事業に将来性を感じるとすれば、積極的にお金を貸してもらえるでしょう。

 

もし、特許を取得した知的ビジネスを所有していてそれでビジネスを行うためにお金を借りようとした場合、

一体どれぐらいの価値があるか融資担当者の方も判断しかねます。

融資担当者と雖も、知的ビジネスを客観的に判断するのは難しいものです。

 

ここで重要になるのが、知財ビジネス評価書になります。

知財ビジネス評価書には、第3者的立場から知的ビジネスが一体いくらぐらいの価値を有しているか記載されていますので、

その価値が高ければ積極的に融資が可能になるでしょう。逆に価値が低ければ不可能な場合も考えられます。

 

 
 
    どうも 
 弁理士 吉田雄一  

お問い合わせ

本サイトを運営している東京化学特許事務所では、初回面談無料で対応させていただきます。
 

お気軽にお問い合わせください。(担当:吉田)03-6823-4299営業時間:平日10:00〜18:00

無料お問い合わせフォームはこちらお気軽にお問い合わせください。
 

    この記事が役にたったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です