実用新案登録と特許の違い

「実用新案登録がしたいです」をいう依頼をいただくことが、極稀にあります。

実用新案登録は、特許と似た制度ですが、特許の影に隠れて存在感が薄く、出願件数もあまり多くはなりません。

 

しかしながら、実用新案登録は、特許とは異なるメリットがいろいろある制度ですので、

今日は実用新案を特許と比べながら紹介したいと思います。

 

 

実用新案登録と特許との違い

実用新案登録とは!

実用新案登録とは、特許と同じように、技術的なアイデアを権利として保護するための制度です。

そして、特許と同じように新規性や進歩性といった要件が必要になります。

 

ただ、実用新案は、特許と比べると登録が認められやすいので、

特許を取るのは難しいアイデアの場合の広告宣伝の効果を狙ったり信用性を上げるための手段として

実用新案登録が使われることもあります。

 

特許と同じように、申請書類をまとめて特許庁に提出することで、登録することができます。

その申請書類は、特許とほぼ同じです。

 

申請書類は特許とほぼ同じなのですが、以下のような点で、特許と異なります。

 

 

実用新案登録の特徴

無審査

実用新案は特許庁に出願すると、審査がなくそのまま実用新案登録されます。

特許とは違い、審査請求に伴う高額な印紙代を納める必要がないので、費用が安く済むというメリットがあります。

 

実用新案でも、新規性や進歩性の要件は必要なのですが、それはあくまで権利行使するときに必要なのであって、

登録段階では、新規性や進歩性は審査されません。

 

特許の場合は、出現審査を請求すると審査をクリアするまで審判請求や拒絶理由応答など様々な手続きが発生するケースがあります。

そうすると、印紙代や様々な手数料で費用が高くなり、さらに権利化まで時間もかかってしまいます。

 

一方、実用新案の場合、コストが安いだけでなく、通常であれば出願すると半年以内には設定登録されます。

このように、非常に迅速に登録されるというメリットがあります。

 

アイデアを製品化して世に送り出す場合、審査官が審査を行って権利が与えられる特許はやはり安心感があります。

安定化を図れるのは大きなメリットですが、費用についてはかなり高額の出費になります。

 

新しいアイデアに対して抑止的な効果がある程度発揮されれば良い場合や、将来似た商品が出てきた時に権利の行使をする可能性がないのであれば実用新案という選択も考えられます。

実用新案は早期に権利化されるのが大きな魅力です。

 

特許にも早期審査制度がありますので、特許で早く登録したい場合は、この制度を利用すれば、特許で早期の権利かも可能です。

実用新案を選択しても、出願から3年以内であれば特許出願へ変更することができますので、

事業戦略の変更に伴い、出願形態を変更することもできます。

 

特許や実用新案を取得した後に権利侵害を発見した場合は損害賠償請求や差止請求を行いますが、自分が持っている権利を行使する手続きが特許と実用新案とでは異なります。

特許だと権利侵害を発見したら即時に損害賠償請求や差し止め請求が可能ですが、実用新案の場合は特許庁に自分のアイデアを評価してもらい、

そこで得られた正当な結果の評価書を添付して損害賠償請求や差し止め請求を行わないといけません。

評価書が出るまでには、何ヶ月も待つことになりますし、その内容が無効だと判断されると損害賠償請求や差止請求ができないです。

 

 

保護期間10年

実用新案の保護期間は、出願日から10年間です。

特許が出願日から20年間ですので、保護期間は半分ですね。

 

ただ、特許の平均存続期間は現在では9年程度ですので、実際には、特許でも10年の保護期間で十分なことは多いと思います。

 

 

保護対象が狭い

特許は広い範囲が保護対象になっています。

特許の場合は方法も物も保護の対象となりますが、実用新案の場合は方法は保護対象にならないです。

 

特許ではコンピュータープログラムであっても物として扱うので保護対象となりますが、

実用新案の場合、コンピュータープログラムは物として扱われることはなく保護対象にはならないので注意が必要です。

 

 

 

どうも

弁理士 吉田雄一

特許申請や商標登録について・お問い合わせ

特許申請や商標登録をプロの弁理士に依頼してみませんか?

本ブログを運営している東京化学特許事務所では

お客様の特許申請や商標登録のお手伝いをする

サービスを提供しております。

 

  • これから特許申請や商標登録をしたい
  • 特許申請や商標登録の実績がある会社に依頼したい
  • 日本だけでなく外国にも特許申請や商標登録をしたい
  • 自社では特許申請や商標登録できないのでプロに任せたい
  • 特許申請や商標登録の成功確率を高めたい
  • 特許申請や商標登録のやり方がわからない
  • 特許申請や商標登録を誰に頼んで良いのかわからない
  • 過去に特許申請や商標登録したけど失敗した

 

このような要望やお悩みがひとつてもございましたらまずはお気軽にご相談下さい。
初回無料の相談でどんな些細なことでも全て解決させていただきます。

 

特許申請や商標登録の実績が豊富な東京化学特許事務所より
早く確実な特許申請と商標登録のご提案を致します。

 

東京化学特許事務所の特許申請と商標登録の実績

  • 所属弁理士数 東京都目黒区No.1
  • 特許の取り扱い実績 100件以上
  • 外国特許の取り扱い実績 40ヶ国以上
  • 外国弁理士との提携 30ヶ国以上
  • 特許・商標関連補助金の取扱い数 10種類以上

弊所ではこのような実績を有しており、
「他の弁理士には難しいと断られた申請を無事に通してもらえた」
といった喜びの声を頂いております。

 

どんな些細なことでも全て解決させていただきます。
特許申請や商標登録を正しく利用して
あなたのビジネスを加速させましょう!
まずはお気軽にご質問、ご相談くださいね。

おまちしております。

 

 

電話で特許申請や商標登録について問い合わせる(無料)

フリーダイヤル03-6823-4299

(営業時間 平日10:00~18:00)

お電話頂く際は「東京化学特許事務所のブログを見ました」
オペレーターにお伝え頂くとスムーズです。

 

 

お問い合わせフォームから特許申請や商標登録について問い合わせる(無料)

お問い合わせはこちら

この記事が役にたったらシェアお願いします!

 
 
    どうも 
 弁理士 吉田雄一  

お問い合わせ

本サイトを運営している東京化学特許事務所では、初回面談無料で対応させていただきます。
 

お気軽にお問い合わせください。(担当:吉田)03-6823-4299営業時間:平日10:00〜18:00

無料お問い合わせフォームはこちらお気軽にお問い合わせください。
 

    この記事が役にたったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です