吉田 雄一  弁理士
1985年11月福島県いわき市生まれ
埼玉大学工学部応用化学科卒業

【キャリア】
外資系大手医薬品メーカー、大手特許事務所、外国特許専門の特許事務所を経験した後、東京化学特許事務所を開業。
名古屋勤務、仙台勤務を経て、現在は東京都在住。
医薬品メーカー勤務時代に、主力製品の特許切れにより売上が急減して自身がリストラされたり、所属会社が特許を取得して売上が急増して時価総額が医薬品業界で世界一になるということを経験。
製造業の業績への特許権の影響力の大きさを身をもって体験したことから、会社の業績により強い影響力を発揮できる特許業界へ転身。
合格までの平均受験回数7回、平均合格年齢40歳の弁理士試験に、わずか2回の受験で29歳にして合格。

【業務分野】
プラスチック、インク、電池、半導体、金属、食品、化粧品、医薬品などの化学系の技術分野の経験が豊富。
他にはソフトウェア、機械、ヘルスケアなどの特許出願も取り扱う。
補助金申請、外国特許出願など、従来の弁理士では取り扱いが難しい業務も積極的に取り扱っている。

【役職】
日本弁理士会 関東支部 ベンチャー中小企業支援委員
弁理士クラブ 受験生支援委員 などを歴任。

【講演実績】
東京理科大学生涯学習講座、2017年度、2018年度を担当

お気軽にお問い合わせください。(担当:吉田)03-6823-4299営業時間:平日10:00〜18:00

無料お問い合わせフォームはこちら(担当:吉田)