なんで特許を取ったほうがいいんですか?
特許を取ると、20年間、合法的にそのアイデアを独占できるようになります。
その間、ライバルにそのアイデアを真似されることを防ぐことができます。
特許や商標を取るのに、どれくらいの時間がかかりますか?
早くとも、特許であれば1~2年程度、商標であれば1年程度かかります。
特許庁に登録を急がせる裏ワザもありますので、詳しくはご相談ください。
弁理士に頼んだほうがいいんですか?
特許を取るためには、通常、A4で10枚以上にわたって、特許庁にアイデアを細かく説明した書類をまとめる必要があります。
この書類は、一度特許庁に提出したあとは大きく修正することができないため、失敗が許されません。
また、独特のフォーマットにしたがって、独特の用語を用いて説明しなければならないため、一般の方が自分で作ることはほぼ不可能です。
自分のアイデアが特許取れるかどうか、教えてくれますか?
ご相談いただければ、特許が取れるかどうかのおおよその目安をお伝えすることはできます。
われわれは、普通の弁理士には知られていない、通常は特許が難しいアイデアでも特許を取ってしまうノウハウを複数蓄積しています。
無料面談に来ていただいた方だけに、こっそり内緒でお教えいたします。
料金は結局いくらかかりますか?相談のみでも料金はかかりますか?
相談だけなら初回無料です。
特許を申請するタイミングでは、通常は25~40万円程度かかります。
われわれの料金は相場よりは安めですが、その後の審査の状況により、必要な手続きと料金が変わってきます。
無料の初回相談に来ていただければ、より詳細なお見積もりを提示できますので、どうぞお気軽にご相談ください。
安くなりませんか?
われわれは、資金力の少ない方には、補助金と組み合わせた特許出願を提案しています。
これにより、特許取得費用の半額程度が受給できるケースもあります。
どんな補助金が使えるかどうかはケースバーケースですので、詳細はお問い合わせください。

 

料金の支払い時期はいつですか?
各手続きごとに、前払いでお受けしております。
ご入金が確認出来次第、各手続きを実行します。

 

分割払いにできますか?
クレジットカード払いに対応しておりますので、クレジットカード会社の制度の分割払いをご利用ください。
銀行振込でお支払の場合の分割払いには対応しておりません。
丸投げで全部やってもらえるんですか?
クライアントに最低限やっていただくことは、最初の打ち合わせと、特許庁に出す書類の最終チェックのみです。
もちろん、希望すれば、納得が行くまで何度も面談させていただくこともできますが、ほぼ丸投げできると考えていただいて差し支えないです。
急ぎでお願いしたいのですが、対応可能ですか?
急ぎの案件についても、可能な限りお受けしています。お気軽にご相談ください。
今、他の弁理士に依頼しているのですが、対応可能ですか?
もちろん対応可能です。
セカンドオピニオンとして相談を受ける場合には、30分1万円で対応させていただきます。
他の弁理士を解任して、代理人をわれわれに変更していただける場合には、追加の手数料なしでお受けいたします。
面談の場所は東京だけですか?
基本的には、東京都の中目黒のオフィスにて面談しています。
他の場所での面談やビデオ通話での面談もできる限り対応しますので、お気軽にお問い合わせください。
北海道や沖縄まで面談に来てもらえますか?
特許出願のご依頼が確定している場合には、お伺いいたします。
その際、移動時間分の弁理士費用は請求いたしません
交通費と宿泊費の実費のみでお伺いします。
なお、特許出願することが固まっていない場合には、まずはお電話やSkypeでご相談をお受けいたします。
会社ではなくて個人ですが、対応可能ですか?
もちろんです。
個人の方でも法人の方と区別なく丁寧に対応させていただきます。
外国の特許も取れますか?
日本で特許が取れるアイデアは、ほとんどの場合、外国でも特許が取れます。
われわれは、アメリカやヨーロッパのみならず、中国、韓国、台湾、ロシア、インド、オーストラリア、タイ、フィリピン、インドネシア、マレーシア、ベトナム、ミャンマーなどでの特許取得も対応できます。
補助金は必ずもらえますか?
補助金は、事業計画書などの応募書類による選考を通過した選ばれた企業のみが受けることができます。
われわれにご依頼いただければ、補助金のエキスパートが補助金の申請をサポートさせていただきますので、
補助金を受けられる可能性は飛躍的に高まります。
もらった補助金は返さなければならないのですか?
いいえ、補助金は、返済する必要はない、もらえるお金です。

お気軽にお問い合わせください。(担当:吉田)03-6823-4299営業時間:平日10:00〜18:00

無料お問い合わせフォームはこちら (担当:吉田)